2013.09.23 .5サイクリング vol.3ご報告
アーカイブ
最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
固定ページ
Home > 記事一覧

記事一覧

2013.09.23 .5サイクリング vol.3ご報告

20130927-10

2013年09月23日(月・祝)、
.5サイクリング vol.3を開催いたしました。

今回の目的地は甲良町の各地に点在する、人口滝

「高虎の滝「川さみ出水の滝」
「ピエロの滝」「桂城の滝」
という4つの滝をめぐる
25kmほどのコースをゆっくりと走りました。

20130927-11

クルマ通りの少ない道を走るサイクリングコース。
初心者の方もいらっしゃいましたが、
「走る速度も距離もちょうどいい」
「ロードに初めて乗るので、不安だったが楽しかった」
との感想をいただきました。

20130927-12

参加者が少なく、ちょっとさみしかったかもしれませんが、
その分、密度の濃い交流が持てました!

2013.09.14 環境こだわり農産物活用ワークショップ第2回目のご報告

2013年9月14日(土)、.5 bldg 1階「.5 cafe」にて
「環境こだわり農産物活用ワークショップ」を行いました。

20130917-01

先週に続く第2回。前回は、環境こだわりぶどうを使った
ジュースの作り方までをワークショップとして実践しました。

今回は、1週間経ってできあがったジュースを仕上げていきます。

20130917-09

20130917-08

果実をこしてジュースと果実にわけた後、
果実はミキサーにかけて生ジャムにします。

20130917-06

20130917-07

できあがった生ジャムで、パフェづくり。

20130917-04

20130917-05

それぞれがデコレーションした、
かわいらしいパフェが完成!

20130917-10

みなさんと楽しくお話しながら、
パフェとジュースを味わいました。

20130917-02

20130917-03

「環境こだわり農産物」のシールを見たら、
ぜひ購入してみようと思うとの嬉しい声もいただきました。
今後も、「環境こだわり農産物」について
少しずつ、生活に取り入れていただけたらと思います。

今回は子供さんもたくさん参加。
彦根だけでなく、大津や米原から
来てくださった方もいらっしゃいましたよ。

三連休の貴重なお休み、
参加してくださった皆様、ありがとうございました!

2013.09.07 第1回 環境こだわり農産物活用ワークショップご報告

2013年9月7日(土)、.5 bldg 1階「.5 cafe」にて
「環境こだわり農産物活用ワークショップ」を行いました。

20130913-05

13:00~14:00までは、環境こだわり農産物についての説明と、
東近江愛東でぶどう栽培をされている「ナチュラル農園」の植田さんご夫妻のお話。

20130913-02

14:00~15:00までは、こだわりぶどうの試食と、
こだわりぶどうを使ったジュース作りのワークショップを行いました。

20130913-03

この日は、こんな状態で完成。
これをお家に持って帰っていただき、
1週間ほどかけて、ジュースが完成します。

2013.09.23 .5サイクリング vol.3開催します!

20130723-03

2013年9月23日(月祝)、.5サイクリング vol.3を開催します。

今回の目的地は甲良町。
甲良町に点在する人工滝をめぐるコースです。

芹川を上り、中山道を通って甲良町へ
人工滝を回って、「.5 bldg」へと戻ります。

まだまだ、暑い日もありますので、
熱中症にはお気をつけて!
こまめな水分補給を心がけてください。

———-

日時  : 2013年9月23日(月祝) 9:00~11:30
目的地 : 甲良町・人工滝各所
距離  : 25km
集合解散: .5 bldg

※ 保険に入りませんので、自己責任でのご参加をお願いします
※ 雨天の場合は中止になります
※ 解散後、「.5 cafe」にてプチ懇親会を予定

———-

料金  : 無料
予約  : 不用
持ち物 : ヘルメット、ドリンク
服装  : 動きやすい服装

※ 出発は9:00ですので、遅れないようにご注意ください
※ ヘルメットは有料(500円)にてレンタルいたします

———-

高速で走行するのではなく、
複数での走行を楽しんでもらうツアーです。

車の通りが多い所を通りますので、
安全第一で走行します。

25km前後を予定しておりますので、
足に自信のない方、初心者の方もお気軽にご参加ください。

交通状況や道中の過程によって、
解散時間が遅くなる事もあります。
あらかじめご了承ください。

五環生活をご支援いただいているみなさま

五環生活をご支援いただいているみなさま

平素は、五環生活の活動にご理解ならびにご協力を賜り、誠にありがとうございます。このたび、代表理事を拝命しました近藤紀章です。代表理事就任にあたりまして、みなさまに、ご挨拶をさせていただきます。

私自身、これまで3年間ではありますが、スタッフおよび事務局長として、五環生活の活動の一端を担ってきました。だからというわけではありませんが、五環生活の活動内容が、今すぐ、大きく変わることはありません。今後は、彦根や湖東を中心とした地域で新しい活動やプロジェクトを立ち上げていきますが、その内容は、時代の変化とともに、地域や社会の要請に応えて、変わっていくものになります。

そのなかで、実感していることが一つあります。それは、このところ、我々が思っている以上に、とても速い速度で時代が変化しているということ。そして、この急激な変化によって、地域や社会で共有されてきたあたりまえの知識や共同体を解体するだけでなく、解体を補完をしてきた教育などの近代システムですら支えることができない、バラバラで多様な価値観を持った個人で構成される、わかりあえない社会になっているということです。

様々な要因があるなかで、我々には、この状況がよいか悪いのか決めることも、時代の流れを変える力も影響力もありません。ただ、唯一、我々にできることは、わかりあえない社会のなかで、彦根や湖東で暮らしていきたいと願う人々とともに、プロジェクトやイベントを通じて、地域でどうにかうまくやっていくために、さまざまな対話の機会や場を作り続けることだと思います。

言うなれば、我々は、人との出会いのなかで、土地を耕し、種をまき、水を運ぶ。そして、花が咲くまで見届ける。しかし、手をかけたからといって、花を咲かせるかどうかはわかりません。でも、はじめから咲いた花を見るのではなく、土から見続けているのだ、というささやかな幸運とプライドを持ちながら、そして願わくば、我々の子どもが、今の我々の年齢になる30年後に、しっかりと根がはった樹木となり、実がなって収穫できることを、夢見る。そこに、幸せや希望を見いだすために、我々自身も、五環生活で活動を続け、彦根や湖東で暮らしながら、関わるみなさまとともに作り上げていきたいと考えております。

最後になりましたが、これから活動を続けていく中で、みなさまにはご迷惑をおかけすることが多々あるかと思いますが、引き続き、変わらぬご愛顧と、ご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

2013年9月9日

                  代表理事 近藤 紀章

五環生活をご支援いただいている皆様へ

五環生活をご支援いただいている皆様へ

常日頃より五環生活にご理解ご支援をいただきまして、厚く御礼申し上げます。さて、9月4日に開催されました2013年度定期総会におきまして、私および青山副代表理事、藤田理事、小川理事、千代理事が退任することを承認いただきました。2006年設立から7期目を迎えておりますが、長きにわたって代表という役職を努めさせていただきました。ここまで来られたこと、あらためまして厚く御礼申し上げます。

ふりかえってみますと、2006年に自転車タクシー運営のために急遽立ち上げたNPO法人を拡張し、さまざまなユニークで先駆的な事業を展開してまいりました。集大成として『自転車コミュニティビジネス』も今年3月に出版できました。思い出せないほどの多くの多種多様な事業にチャレンジしてきたように思います。「カラダからの暮らし展開」という意味では実験・試行はあれこれできたものの、「事業化NPOを目指す」という意味ではまだまだ未達成ではないかと思っています。初期の学生主体のスタッフから雇用スタッフへと変わり、また、人の出入りの多い事務局となったことは、もともと放任自律型ゼミとして若者と接してきた代表である私のやり方が影響し、なかなか事業化を目指すという組織文化的には問題があったのではと思っております。若い時期のひとときを五環生活に割いていただいた数多くの旧スタッフ関係者のみなさまにお詫びと感謝をしたいと思っています。ありがとうございました。

一方で、各行政等セクターとの関係は順調に推移しており、地元シンクタンク不在の滋賀県において、自転車政策の担当シンクタンクとして、あるいはレンタサイクル「めぐりんこ」の運営受託といった、ある程度の受け皿と先駆的存在としても機能してきたと思っています。とはいえ、ビワイチレンタサイクルやサイクルカフェなどの日常サービスが順調に推移することで、細かなサービスレベルを充実していくことが大事なワークとなり、なかなかあたらしい発想やチャレンジは現場からは出にくくなることもある意味では仕方が無いことではと思います。現場が多忙になるにつれて、現場中心の体制が強まり、理事との関係もやや遠くなってきたのも事実です。また、立ち上げ期から7年を経た中では、当初のコンセプトからは、ややずれてきたり足り無いといった部分も目立ってきました。

そこで、「再生」「再出発」といった区切りをつける意味でも、若い世代に【五環生活たるもの】を任せたいと考えました。意思決定をより実質的な現場に近い場で運営していく体制にした方が、より責任と方向性、瞬発力が内外に明確化していくのではと考えました。ゼミのような分散型でもなく、といって企業のようなピラミッド組織でもない、あたらしい組織的形態を生み出してくれそうな期待も持っております。

昨日の総会で承認された新体制は下記になります。新体制およびこれからの五環生活については、同世代となった若い理事たちに委ねたいと思っています。何だかさらにオモシロいことが彦根湖東からはじまりそうなワクワクする息吹を感じております。どうぞ今後の新・五環生活にもご注目ください。

▼新役員
代表理事   近藤 紀章  聖泉大学(新任)
副代表理事  中村 光佐  ほっこりカフェ朴(継続)
副代表理事  三木 雄野  アトリエタンゴ建築工房(継続)
理事     上川 七菜  半月舎(継続)
理事     高田 友美  滋賀大学(継続)
監事     安達 昇   彦根商工会議所(継続)

なお、私をはじめ、青山理事、小川理事、藤田理事、千代理事は、五環コモンズ(顧問)として、今後とも五環生活にかかわり、支援アドバイスしていく予定になっております。どうぞ、若い「新・五環生活」を以前にもましてご支援ご協力いただきますようお願い申し上げます。

最後になりますが、代表理事の7年間はあっという間で、研究者としてはお会いできない数多くの方々や自転車と出会えたことが幸せでした。ありがとうございました。

2013年9月9日
                       近藤 隆二郎

自転車好きの集まるカフェ .5 cafe

20130428-14

2013.08.04 湖東ナイトマルシェは間もなく

20130706-01

2013.08.04に迫った「湖東ナイトマルシェ」。
17:30~20:30のお時間で、皆様をお待ちしております。

20130730-02

出店者様の情報は、ブログに書かせていただきました。

いよいよ明日! 湖東ナイトマルシェ出店者様情報 その1

いよいよ明日! 湖東ナイトマルシェ出店者様情報 その2

お誘い合わせのうえ、会場の.5 bldgにお越しくださいね。

『チェキポン』 8月号に レンタサイクル情報

20130726-03

五環生活のレンタサイクル「びわこ一周レンタサイクル」が
フリーペーパー『チェキポン 2013年8月号』に取り上げられています。

20130726-02

セブン-イレブンなどの店頭にありますので、
ぜひ手にとってご覧くださいね。

.5 bldgにも何部かは置いていますので、
欲しい方は、.5 bldgにどうぞ!

2013.07.21 .5サイクリング vol.2 開催ご報告

20130723-05

2013年7月21日(日)、
.5サイクリング vol.2を開催しました

20130723-06

参加者さんの愛車がパンクするなどのトラブルもありましたが、
同行スタッフが修理し、問題なくサイクリング続行。

豊郷小学校でのカフェタイムも楽しみ、
元気に、.5 bldgまで戻りました。

20130723-02

次回の予定はまだ未定ですが、
開催が決まりましたら、このブログや
五環生活のFacebookページなどで告知します。

次回のご参加、お待ちしております!

Home